任意整理を依頼するデメリット

任意整理を依頼するデメリット

任意整理を依頼するデメリット

債務整理に関して司法書士事務所が広告を出していることが多く、そのために司法書士に依頼しようと考えている人も多いでしょう。弁護士に依頼するよりも報酬が安い場合が多いですから、司法書士に依頼したいと考えるのは自然なことです。しかし、任意整理を司法書士に依頼するのにはデメリットもあるということはしっておきましょう。最も大きなデメリットは、金額に制限があることです。

任意整理を司法書士に依頼すれば、司法書士は代理権を得て手続を行っていきます。しかし、司法書士が代理人となることができるのは、訴訟や紛争の目的の価格が140万円以内の場合に制限されています。ですから、借金の金額が大きくなりすぎると、司法書士に依頼できないと考えておきましょう。大きくなりすぎれば弁護士に相談しなければなりません。ただ、140万円というのは借金の金額のことではないという点にも注意が必要です。債務者が任意整理を行うことによって得られる経済的な利益の制限を指します。

たとえば、借金が400万円あって、任意整理をすることによって借金を減額できて300万円になったとしましょう。この場合、経済的な利益は100万円ですから、140万円以内に収まります。また、この計算は債権者ごとに行われますから、300万円の借金を4社からしている場合でも、それぞれの経済的利益が140万円に納まればよいのです。ですから、デメリットがあるとは言ってもかなり大きな金額まで扱うことができるようです。